トップページ >

編集後記

▽「夏なのに秋茄子の味がする」

 これに気付いた二宮尊徳は、農民に冷害に強いひえを植えさせる。

 現場主義の尊徳はある年の夏、作物の根は張っているものの、葉が小さいことに天候変化のメッセージを受け取る。土は夏だが、空気は秋のようなのだ。

 このままだと、いつものような収穫を秋に期待できない。それで急遽、イネを引き抜き、冷害に強いひえや根菜を植えさせた。

 尊徳の読みは当たり、集落は冷害の被害を最低限に抑え、飢饉の惨禍を免れる。

 「天地の真理は、不書の経文にあらざれば見えざるものなり」

 天地の真理は書物や文字にとらわれず、大自然の現象や生きた人間社会を研究することにより発見されるとの意味だが、天候異変だけでなく、時代潮流の大変化を読み解くにもあてはまる事柄だ。

(I)



▽村上正邦氏の「二階藤吉郎論」は面白かった。二階俊博自民幹事長の心は、信長の草履を胸にした木下藤吉郎で、天下取りの野心を抱いているというものだ。

 ただ二階氏の偉い所は、壮大な夢に溺れるドン・キホーテではなく、与えられた役職に全力投入しながら実績を積み上げていく馬力があるところだ。

 田中角栄の背中を見てきた二階氏らしい底力で、ここらが線の細い二世議員との違いかも知れない。

(T)


   《 お 願 い 》
     小誌では、読者の皆様の情報提供やアドバイス、寄稿を歓迎します。
     ジャンルは問いません。政治、経済、国際問題や社会問題など、積極的に原稿をお寄せください。
     提供された情報に関しては、意欲的に取材を行うつもりです。
     また情報提供および寄稿に関しましては、住所、氏名、年齢、職業、電話番号などを明記の上、
     編集部宛までお送りください。
        電話・ファックス 03・3291・7773
        メール投稿 seikaiourai@yahoo.co.jp

国会両院記者会所属 新政界往来社
新政界往来12月号(創刊昭和5年)
2016年11月15日発行
定 価  600円 本 体  571円 主 幹  寺 田 利 行 発行人  渡 辺 清 也 発行所  株式会社 ポリティカルニュース社
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-7-16 報道ビル6F 電話・ファックス 03・3291・7773
※ 小誌の記事や写真、図表の無断使用は禁止します。

この記事のトップへ戻る