トップページ >

日本大学・森昭雄前教授

哲学が違えばこうも変わる

 日本大学文理学部元教授の森昭雄氏に、インド訪問の話を聞く機会があった。『ゲーム脳の恐怖』という本を出し視覚刺激が強すぎて痴呆症に似た「ゲーム脳」に陥る危険性に警鐘を鳴らしたことで知られる。

 森氏は当初、高齢者の認知症の研究で脳波を使った研究に入っていた。それで認知症になっている人は、ベータ波がかなり低いということが分かった。その時、たまたま調べた学生の脳波が、認知症と同じ波動を示していた。その学生は、ゲームにはまっていたことから「ゲーム脳」という言葉が生まれた経緯がある。

 ゲームで複数の子供が遊んでも、ほとんど会話がない。こうした非言語性のコミュニケーションだけでは、ものを深く考えるとかが苦手だし、人の話が聞けない。

 一方、インドの子供は何かあるとすぐ手を挙げて、自分の主張をどんどん述べる。言ったことに対して、脳の中で整備して考えを述べる。そういう教育が徹底されているという。

 また、インドのコンピューター教育ではネットワークをつなげさせない。つなげる場合は先生が横にいて、一時間だけだ。基本的に講義をやり、そのノートを見ながら、自分たちでその作業をするというものだ。

 またあらゆるソフトウエアを使いこなす。その中から創造性というか、自分でこうしたらどうかといった発想が生まれてくる。その辺が根本的に日本と違うところだという。

 9歳の女の子が自分で開発したソフトを見せてくれた。左右対称の幾何学的な模様が出てくるものだ。家にパソコンがあるのと聞くと、無いという。学校で習って、自分で考えて作ったという。そうした子供の創造性を引き出すことに成功している。

 インドでは日本みたいに、いいパソコンを置いていない。デスクトップ型の古いものだ。そういう意味では、外的環境において日本のように恵まれていない。ただ哲学が違うだけで、こうも違ってくる。

 戦後、独立したインドが力を入れたのは教育だった。1947年、ネルー首相はインドは何も資源がない国だとして、頭脳しかこの国が生き残る道はないという覚悟をもってスタートした。半世紀を経て、それが実ったということだ。ゼロを発見したインドは昔から理数系が強い国だが、理数系でトップをいく米マサチューセッツ工科大学を模範としたことで、IT(情報技術)世界で飛翔する翼を得た経緯がある。

この記事のトップへ戻る