トップページ >

永田町ファイル

民進党・野田佳彦幹事長の記者会見 7・3

都議選結果

【幹事長】都議選の開票結果が確定しました。民進党は、改選議席で言うと2議席減の5議席となりました。残念ではありますが、都民の選択として厳粛に、かつ謙虚に結果を受け止めたいと思います。

 今回の都議選は、通常国会での自民党の極めて強権的な国会運営、また国会を閉会した後の稲田防衛大臣や自民党議員の発言などにより、国政における自民党政権のおごり、隠蔽、権力の私物化などが大きなテーマになったと感じています。

 これに対して、都民は明確に安倍政権に「ノー」という意思を示したと思います。しかし、都議会選挙でもありましたから、都民ファーストが都民の怒りの受け皿となったということだと思います。「共謀罪」や森友・加計疑惑などで民進党が政府・与党の問題点を明らかにし攻め込んでいったことが、この安倍政権への不信任、「ノー」という意思表示につながったという自負はありますが、都議選の中で存在感を示すことができなかったことは残念です。まずは東京都連において今回の選挙結果を詳細に分析し、これに基づいて党本部としても次の選挙に生かしていきたいと考えています。

【記者】都民の受け皿になり切れなかったという意味で、きのう、松原仁都連会長も、解党的な出直しが必要ともおっしゃっていました。今後、衆院選などにも向けて、民進党がさらに支持を広げていくために、どうするべきとお考えですか。

【幹事長】やはり受け皿となるためには、我々が政権を取ったら何をするかという、きちっとした政策の体系を打ち出す。今回の自民党に対する批判は、お友達優遇政治に傾き過ぎているのではないかという、都民の怒りだと思います。逆に言うと、誰のための政治が必要なのか、お友達優遇ではなくて、困っている人、弱っている人のために政治の出番がある、多くの国民の暮らしを守っていくことが政治の役割である、そういうことをちゃんとメッセージで出せる、国政で存在感を示すということだと思います。

 都政での受け皿にはなれませんでしたが、国政では野党第一党は我々ですので、しっかりそのことは念頭に置いて対応していきたいと思います。

【記者】共産党の今回の結果を受けて、国政での野党共闘での共産党の存在感が増すという考えは。

【幹事長】都議選と国政とは違うと思いますので、国政における野党協力については、党大会で決めた活動方針に基づいて粛々と進めていきたいと思います。

【記者】今回の都議選の結果が今後の国会運営に与える影響について、幹事長としてどう思われますか。特に安倍総理大臣は憲法改正に関して意欲を示されています。

【幹事長】突然、神戸の講演で(憲法改正について)総理がお話をされた。それまでは、来年の通常国会くらいに自民党としての憲法の考え方をまとめて提案をすると。それに基づいて、おそらくその憲法を中心とした戦略としては来年の秋くらいに国民投票等を考えていたというスケジュール感だったと思いますが、それを何で前倒しをして、次の臨時国会でという話になったのか、なども含めて、まずはこれはきちっと、それこそ(総理には)説明責任を果たしてもらわなければいけないと思います。その意味でも、臨時国会の早期召集で、こういう問題についても質していきたいと思います。

 そういう、突然(憲法改正について)前倒しをしたということも、これはどう見たって「加計学園隠し」ではないかと多くの人は思いますから、その点も質していきたいと思いますが、ただ、きのう(7月2日)の(東京都議会議員)選挙結果を踏まえると、憲法を軸にした、思い描いていたシナリオというのは相当崩れるのではないでしょうか。少なくとも、荒っぽいことを突然やり出すというやり方については国民は疑問を持っている、自民党内もその問題意識を共有している人がたくさんいたはずですが、そういう意見が顕在化してくるのではないかと思います。

【記者】松原都連会長がおっしゃったように、解党的な出直しが必要ではないかと思いますが、解党的出直しと口で言うのは簡単ですが、現在のとっておられる野党共闘路線であるとか、その他の政策的な路線等々、人事も含めて、継続するならば、解党的出直しと言われてもピンときませんが。

【幹事長】私が解党的出直しと言ったわけではありませんので、その認識が必ずしも一致しているとは思いません。意味するところはよくわかりませんが、例えばこれまで国会で戦ってきたことが、これが自民党の今回の敗北に大きくつながった。サッカーでいうと、懸命にドリブルして、敵陣に攻撃していった。最後ゴールを決めたのは都民ファーストですが、この攻撃があったがゆえに自民党の大敗につながったと思いますので、解党的出直しと言う前に、自分達のやってきたことに対して一定の自負を持たなければいけないと思います。

【記者】今後、都民ファーストが国政に進出してくるということを踏まえて、民進党の東京選出の国会議員がさらに離党していってしまうという懸念についてはいかがお考えか。

【幹事長】国政進出を前提にしているかどうかはわかりません。少なくとも、今回の都議選では苦しい厳しい選挙区が多かった中で、国会議員の皆さん、地方議員の皆さん、党本部職員、秘書団含めて、全力で、当落線上で頑張っている同志の応援を懸命にやってまいりました。そういう、ある意味厳しい時でもまとまっていく。その結果、頑張って何とかかち取った選挙区も出てきましたので、やはりきちっと連帯しながらやっていくことの価値観は共有できていると思います。そう簡単にフラフラと動くような人がいるとは、私は決して思っていません。

【記者】「選挙の執行の責任は幹事長にある」と幹事長は常々おっしゃっていて、これから今回の結果を検証するというのを重々承知した上で伺いますが、やはり選挙の顔として期待された蓮舫代表の責任というのは、免れないと思いますが。

【幹事長】地方選挙を含めて国会対策等々、党務全般は、一般論として党の幹事長に全ての責任があると思います。そこで結果がいい時、悪い時、いろいろなことがありますが、それを含めて全体として責任を果たすのが幹事長だと思います。

 代表については、今回の都議選、一番精力的にマイクを握って先頭に立って公認候補を応援していただきました。代表に関して言うと、代表がマイクを握れば人がたくさん集まるということは事実。都議選の、いわゆる小池都政信任という要素がある中での国政政党の一つの限界はありましたが、選挙で人を集めて人の話を聞いてもらうという存在感は依然としてあると私は思います。それがまさに党の支持であるとか、抱えている候補者の支持に直接つながるようにする工夫をこれからどうするかという問題だと思います。


【記者コラム】見苦しい蓮舫無責任論の言い訳

● 都議選大敗北で党の存在意義すら問われる民進党だが、野田佳彦幹事長による「蓮舫代表に責任なし」論は見苦しい言い訳の連発だ。

 野田氏によると、蓮舫代表は今回の都議選で「一番精力的にマイクを握って先頭に立って公認候補を応援した。選挙で人を集める存在感は依然としてある」のだという。一生懸命に汗を流して応援し、聴衆を多数集められれば大敗北をしても責任はないというわけだ。

 だが、そうではあるまい。それを政党支持につなげられなければ党の存在価値自体に問題があるのであり、当然、代表の責任論に行き着くだろう。野田氏がサッカーを例に挙げ、「懸命にドリブルして、敵陣に攻撃していった。最後ゴールを決めたのは都民ファーストだが、この攻撃があったがゆえに自民党の大敗につながった」と平然と言ってのけたが、そこには民進党としての矜持は全く感じられない。

 「やはり受け皿となるためには、我々が政権を取ったら何をするかという、きちっとした政策の体系を打ち出す」(野田氏)といった決まりきった反省の弁も、もはや聞き飽きた口先だけの模範解答だ。松原都連会長が主張するように、解党的出直ししか再生の道がないはずだ。

 そのためには、蓮舫代表、野田幹事長辞任は当然のことのはず。自民大敗北の陰に隠れて続投するようでは、離党議員続出の流れは止められまい。

この記事のトップへ戻る