トップページ >

劉暁波氏、事実上の〝獄死〟

中国の不気味な暗部を露呈

 中国共産党の一党独裁政権に反旗を翻して投獄されたまま、ノーベル平和賞を受けた人権活動家、劉暁波氏(61)が死去した。死去したのは刑務所外の病院だったとはいえ、事実上の獄死だ。

 中国では受刑者が病気になっても有効な治療を受けられず病状が悪化するのが常だとされる。劉氏の場合も、意図的に放置した模様だ。極めて劣悪な人権状況だ。

 中国政府は、還暦を迎えたばかりの劉氏の早すぎる死に重い責任を負う。

 アメリカ人作家のヘンリー・デイヴィッド・ソロー氏は「正しい人を投獄する政府が存在するとき、牢獄は正しい人にふさわしい場所だ」と書いた。

 その意味では、〝獄死〟は劉氏が「良心の囚人」であったことの証であったともいえる。

 1989年の天安門での民主化デモのリーダーだった劉氏は、天安門事件後も安全な国外への退路を断ち、民主・人権が必要とされた中国に留まった。その非暴力に徹する姿は、ガンジー同様、「人としての尊厳」に満ちた求道者として求心力を持った。

 獄中受賞となったノーベル平和賞の授賞式で、代読された「私の最後の陳述」で劉氏は「私には敵はいない。憎しみもない」として、軍や公安を使った政権を許し、自由や民主が中国で実現することを祈念した。

 文化大革命で知識人をやり玉に挙げた毛沢東氏や「ハエも虎も叩く」として反腐敗運動を展開した習近平氏同様、これまでの中国の政治は常に敵を作り、憎しみの炎の中で政権の浮揚力を高めてきた経緯からすると、異色の逸材だった。

 劉氏が求めたのは中国の憲法で保障された「言論の自由や集会、結社の自由」だった。中国では、この憲法が空証文であることは誰もが知っている事柄だ。だが、言論の自由や集会、結社の自由は基本的人権に属するものだ。劉氏にすれば、経済改革の次に政治改革しなければ中国は立ち行かなくなるとの確信があった。だから敢えて、まっすぐな目で中国共産党政権の偽善に批判のつぶてを投げ続けたのだ。

 また劉氏は「私の最後の陳述」の中で「私は自分が綿々と続いてきた文字の獄の最後の被害者となり、今後は言論を罪に問われる人が二度とないように望んでいる」とも結んだ。

 劉氏はいわば「民主中国」の祭壇の前に、敢えて犠牲の燔祭になった。

 こうした「良心の囚人」は劉氏だけでなく、ウイグル人やチベット人、さらに法輪功メンバーなど数知れない人々が獄の中につながれていることを忘れてはいけない。

この記事のトップへ戻る