トップページ >

カザフスタンでロシア離れ進行

カザフ語、ローマ字表記へ変更

 旧ソ連構成国だった中央アジアのカザフスタンが国際化のため、カザフ語のロシア文字表記をやめてローマ字に変更することを決めた。

 ナザルバエフ大統領は表記変更の具体的なスケジュールを提示した上で、2025年にはローマ字に完全移行すると宣言した。

 ロシア紙・独立新聞はさっそく「ロシアへのシグナル」と指摘した上で、識者の話として「(カザフで約2割を占める)ロシア系住民に国外脱出の機運が高まる」「(ローマ字を使う)トルコ語世界へのカザフの接近を意味する」と警戒感をあおった。

 中央アジアの支配民族だったロシア人の転落ぶりには心が痛くなるほどだ。

 1945年の第二次世界大戦後からソ連崩壊の1991年まで、米国と世界を二分したソ連。その超大国のエリート意識は、ロシア本国より、中央アジアにおけるロシア人の方が格段に強く持っていた。

 しかし、1991年のクリスマスの12月25日にソ連は崩壊した。以後、次々に中央アジア諸国は独立し、カザフ共和国はカザフスタン(カザフの土地)と名を変えた。

 公用語はカザフ語とロシア語の二言語となり、巷では標識や表札の多くがカザフ語で併記され始め、カザフ語のラジオやテレビ番組が始まり、カザフ語の学校教育も始まった。

 以後、カザフスタンでは民族教育が盛んになり、町の広場ではレーニンやスターリンの銅像が中世の英雄のものに取り替えられた。他の中央アジアでも同様で、ウズベキスタンでは早々と公務員試験にウズベク語を必須科目として加えている。

 ロシア語はまだ公用語の位置づけだが、多少の便宜のためでしかない。ロシア人はこの土地の主役からマイノリティーに転落した過酷な現実と戦わなければならなくなったのだ。

 ロシア本国への移住を希望するロシア人があとを絶たない。ロシア人が中央アジアで生きていくために、必要なのは民族共生の理念ではない。家から一歩、外に出たらロシア語は使えないという現実を受け入れる覚悟だ。それを拒むなら外に出て行くしかない。

 だが、出て行こうにも誰もができる話ではない。老いて、ロシア本国に身よりもなければ、家屋敷を売り払い、仕事をやめてまで、何の保証もない新天地に期待できようか。

 カザフ在住のロシア人は、周囲の酸素がだんだん薄くなっていくような心境かもしれない。

 カザフとは「放浪する自由の民」を意味するが、主人の立場を失い放浪を余儀なくされたロシア人の惨状がここにはある。

この記事のトップへ戻る