« | »

2012.12.17

政界引退前の「冤罪」謝罪

 田中慶秋前法相の辞任を受けて、24日間で再登板となったが、遠隔操作ウイルスによる誤認逮捕のあと、東京電力女性社員事件の再審公判で、ネパール人のマイナリさんの無罪確定と続いた滝実法相にとって、政界引退前の法相の座はあまり座り心地の良いものではなかっただろう。

 11月9日の記者会見では、「十分な解明がなされないままに有罪判決があり、その結果15年という長い拘束期間が経ってしまったことは、大変申し訳ない」と謝罪した。しかし、マイナリさんのケースが冤罪かどうかについては「常識的に世間一般の感覚から冤罪を広くとって言えば……冤罪と言えないこともない」と言葉を濁した。

 誤認逮捕や冤罪事件で明らかになったのは、現在の警察・検察では、真摯に真実を追究するという基本的な姿勢が疎かになっていることだ。最近続く警察・検察当局の〝失態〟に対して反省を促し、今後の「戒め」とするためには「冤罪」とはっきり認めたほうが良かった。

 衆議院議員総選挙に出馬せずに政界を引退する意向を表明したのは4月だった。それ以降、野田第2次改造内閣で法相として初入閣。野田第3次改造内閣発足に際しては、高齢を理由に再任を固辞し、異例の再就任となったが、それも衆議院の解散によって短期に終わった。「もう年なので、できるだけ外してもらった方がいい」と、内閣改造の際に法相交代を求めた政治家に、警察・検察改革への強い姿勢を期待しても無理な話か。

滝実法務大臣の記者会見/ゴビンダ冤罪問題

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>