« | »

2016.07.21

理路整然と軌道外れる岡田氏

参院選で、憲法改正の議論を深めれば深めるほど民進党と共産党が分断されていくと考えていたが、実際には全く議論は深まらなかった。改憲政党のはずの共産党はまず、護憲の立場に当面は固執しているので議論の余地がない。民進党は「第1あるいは第2の争点にしよう」(岡田克也代表)と努めたが、自党に改憲案もないようでは争点化しようがなかったと言える。

自民党の稲田朋美政調会長が「争点化ということになると、考えのない人と議論はできない。民進党は、憲法を改正するかどうか、何を改正するかを明らかにしていない。安倍政権における憲法改正には反対ですなどという、何が言いたいか分らないことしか言っていない」と指摘したのはもっともだ。反対のための反対をする、かつての野党第一党の社会党になり下がってしまったようだ。

しかし、自民党は民進党との協議を経て改憲原案を作りたいと言っているのだ。「安倍政権における憲法改正には反対」であることと、自党が改憲案をつくらないこととは直接、関係があるわけではない。〝原理主義〟の岡田氏が左派の支援を受け理路整然と原理軌道を外れていく。国民政党から日々遠ざかっている印象だ。

政争に頭を悩ますことよりも国民に目を向け、国民の生命と安全を守ることが第一義の憲法改正案づくりをスタートさせるべきだ。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>