« | »

2016.09.21

二階幹事長の最初のハードル

自民党の二階俊博幹事長が9月2日に、都内の料理店で渡部恒三元衆院副議長と会食した。渡部氏は田中角栄元首相が率いた田中派の大先輩で、「田中角栄幹事長以来の幹事長だ」と二階氏を持ち上げて激励した。

二階氏は自民党分裂の際、小沢一郎氏に付いていきながら目を合わせない間柄となり、同じく小沢氏と決別した熊谷弘氏らと保守新党を結党したが、その後、自民党に復党した。谷垣禎一氏のまさかの事故で、事実上、党のトップに躍り出たわけだ。

二階氏の〝特技〟は朴訥な語り口の一方、機を見るに敏であること。消費増税の先送りでは安倍首相の思いを汲んで先送りの提言をし、昨年の総裁選前には安倍再選を唱え、最近では総裁任期の3期9年への延長を早々と唱えた。安倍氏にとっては、あり難い助太刀だ。77歳でまさか総裁を狙う野心があるとも思えない。

記者会見では総裁任期延長論について、二階氏は「3期9年や制限そのものを撤廃するといった案が出ているが」との質問に対して「そういう意見が党内にもあった。この段階へきて私がどうすればいいなどということを申し上げるのは適当ではない。これは万機公論に決すべしだ」ととぼけてみせたが、年内決着を図り、来年1月の党大会での発表に持ち込みたいのは明らかだ。

ただ、それに待ったをかける人物が党総務会の一員になった。石破茂前地方創生担当相だ。石破氏は、延長反対を公言しており、全員一致の総務会で果たして「延長」をまとめ上げられるのか。細田博之新総務会長とともに、二階氏が乗り越えなければならない最初のハードルとなろう。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>