«

2017.07.22

ケンカの相手間違えた幹事長

 7月2日投開票の都議選の結果、自民党は歴史的な惨敗を喫した。二階幹事長の都議選告示(6月23日)前の20日の記者会見では、国政と都議選との直接的な関係を否定し、「都議選は地方の県議会の選挙と一緒じゃありませんか」と高をくくっていた。

 ところが、選挙戦に入るや、朝日や毎日などによる常軌を逸した国政批判報道が展開され、それに連動したテレビのワイドショー番組が都政の問題よりも、森友・加計疑惑、自民議員の相次ぐ問題発言などに照準を当てての安倍政権批判を激化させた。その空気に怒った二階幹事長が「新聞をお金を出して買っている。

 そのことを忘れてはだめだ。落とすなら落としてみろ。マスコミが左右すると思ったら大間違いだ」と反応。メディアとの大喧嘩に巻き込まれてしまったのだ。ケンカ上手のはずの幹事長のミスと言っていい。

 麻生太郎副総理も「マスコミは言っているだけで責任はなにもとらない」と火に油を注ぐ始末で、低俗なテレビコメンテーターたちから逆砲火を浴びてしまった。つまり、「都議選は都議選」(二階幹事長)と言っておきながら、政権に批判的なマスコミの土俵に乗せられてしまい、野党による政権追撃の場である臨時国会を開くか開かないかは「都議選の結果を見て判断する」(自民国対委員長)との言質を取られてしまったのである。

 ここから見えてくるのは、自民党が2流3流の若手新人を集めた都民ファーストに都議会第一党の座を奪われ大敗したというより、中立性を欠くメディアの挑発に負けたのである。今後も「マスコミが左右すると思ったら大間違いだ」と突っ張るだけでは、明るい展望は開けまい。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>