«

2018.02.20

首相、党内野党へ宣戦布告

 自民党内が3月の党大会に党改憲案を提出するか、もっとじっくり議論をして9月の総裁選にまで持ち込むべきか、で大きく二つに割れている。安倍首相はじめ執行部は3月までに提出する方向で檄を飛ばし、国会開幕冒頭から「憲法改正をいよいよ実現する時を迎えている」とこれまでにない意気込みを示している。二階幹事長も「総理がそうした類の発言は常になさっている」とトボケ顔で追認して、事実上の支持表明をしている。

 これに待ったを掛けているのが石破茂元幹事長らだ。首相が1月30日の衆院予算委員会で、9条の2項を維持して自衛隊の根拠規定を明記する首相案と異なる主張の9条2項削除論に言及した際、会議に出席していた石破氏を名指しして、2項削除論への反対論を展開した。石破氏本人は「かなりびっくりした」と言うが、首相としては、党内野党への宣戦布告をその場を借りて突如行ったものと言えなくもない。

 石破氏としては、9月の党総裁選での論戦の柱に据えて「最良の案文は何か」をテーマに戦いたいというのが狙いだ。しかし、首相には「時間がない」との焦りもある。

 来年は、天皇陛下の退位、統一地方選、参院選などの日程が目白押しだ。「今年中に国会で発議ができなければ、2020年になってしまう」という計算だ。政局に絡めず、国家、国民にとっての最良の案を期待したいのだが…。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>