« | »

2011.10.09

外相が安保をまず犠牲にする?

玄葉外相が取り上げた孔子の言葉は、弟子の子貢に「政治において重要な点は何か」と問われて答えた内容である。「教養ある大臣」との印象を与えたかもしれない。
 同外相は、この見解をもとに、その後の会見でも記者からの質問を受けながら、「信」すなわち、価値をしっかり踏まえた外交の重要性を訴えている。
 だが、これに関するやり取りは続きがある。子貢は、ではその三つのうち、止むを得ずして一つを除くとしたら、どれを除きますかと再問。孔子は言下に、「兵を去れ」軍備を捨てよ、と答えている。子貢はさらに続けて、その二つとも保持し得ない事態が到来した場合、どちらを捨てますかと質問。孔子は「食を去らん。古よリみな死あり、民信なくんば立たず」と答えている。
 従って、見方によっては、外相自らの担当分野である安全保障をまず犠牲にするという見解を示したことになり、口さがないネット情報では、この外相発言は軽率との批判も出ている。さらに、この見解を、クリントン米国務長官が電話会談で「完全に同意する」と支持したと玄葉外相は説明。中国では、これに関する一連の発言をフォローしながら、笑っているかもしれない。「外相の言や良し」だが、論語の内容をトータルに弁えた上で、そうした誤解を生まぬよう補足しながら説明する見識が必要だろう。
 また、そこまで突っ込んだ質問を行い、大臣と丁々発止と遣り合うような雰囲気が、エリート記者が集まる外務省の会見では欲しいものである。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>