« | »

2011.10.24

脇の甘さと危機管理欠如

 旧大蔵省を退官後、衆議院選初当選したのは平成12年。新人議員ではあるまいに、法相の秘書官に有罪判決を受けた経歴を持つ人物を任命するとは、脇の甘さにもほどがある。

 辞任した秘書官は、9月1日に公設第1秘書となり、大臣就任にともない、2日に秘書官に任命されている。普通なら、長年政治活動を支えてきた政策秘書などを秘書官にするものだが、平岡法相はなぜか、そうしなかった。しかも、有罪判決を受けていた事実は、秘書官が雑誌の取材を受け、初めて報告されたという。側近の“身体検査”も十分できないというのでは、法相としての資質に疑問符が付く。

 加えて、事実の把握から「けじめ」までに、半月もかかっている。10月7日の会見では「詳しい事実関係を調査して(処遇を)検討する」と答えたが、記者の間からは「事実がはっきりしているのに、これ以上何を調査するというのか」と、ため息が漏れていた。

 有罪判決を受けたとは言え、秘書官の場合、執行猶予期間が過ぎているのだから、公務員の欠格事由には当たらない。弁護士資格を持つ法相には、そうした法律上の知識はあっても、法相の秘書官には、有罪判決を受けた人物は相応しくないという世間の常識に乏しかったのではないか。それが「けじめ」までに時間がかかり、危機管理意識の薄さを路程させる結果を招いたのだろう。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>